在宅ワーク

2006年08月12日

在宅ワークの種類

家選べる在宅ワーク家


現在、在宅ワークは多くの種類があります。昔のイメージとは大きく変わり始めています。その背景には情報化社会、個人主義、インフラの整備などがあるでしょう。

SOHOも在宅ワークの一種と言えますし、最近では大企業勤めの人が出勤せずに在宅で仕事をこなすこともあるようです。

このブログでは専業で在宅ワークというよりも、子育て・介護・家事などが空いた時間に仕事をこなせるものを紹介します。時間、報酬などによって様々ですがかなりの高収入を稼ぐことも可能です。

■内職

内職とは封書の作成、造花の作成、パソコンのデータ入力などの仕事を受注して、完成品を期限までに納品する仕事です。資格、実務経験があればより高収入な仕事を受注できるでしょう。

■ブログ、ホームページ

あなたが自分自身のブログ、ホームページを持ち広告のクリック、販売の成功報酬などから利益を得ることができます。

この仕組みをアフィリエイトといいます。特にブログなどはホームページ制作の知識を必要とせず、敷居が低い在宅ワークが可能です。また、努力次第では年収300万円を超える収入も可能です。

■ネットショップ

ここで言うネットショップとは実際の商品を必要としないネットショップで、アフィリエイトの一種です。通常のアフィリエイトに比べて成功報酬の額(マージン)が高く、ヒット商品を販売できれば大きな収入になるでしょう。また、在庫を抱えてしまうというリスクがないことも魅力でしょう。

■メールを利用して在宅ワーク

広告つきのメールを受け取ったり、その中のリンクをクリックすることで報酬がもらえます。また、アンケートに答えて報酬をもらうこともあります。一通あたりの利益は少なめですが、コツコツと続ければお小遣い程度稼げるでしょう。最もリスクが少なく、簡単な在宅ワークと言えるでしょう。


タグ:在宅ワーク
posted by なな at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅ワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。